成功する営業活動 営業相談所 - 2010/12/01

営業で顧客の心をがっちりとつかまえる方法とは?




[PR]



2010年12月01日(Wed)▲ページの先頭へ
消費者庁が誇大広告する健康食品会社の業者名を公表へ
「飲むだけで確実にやせる」「がんに効くといわれている」といった誇大な広告を使用する健康食品について、消費者庁は30日、悪質な業者名を12月から公表する方針を固めた。健康被害や効果がないなどの苦情が絶えないことから、健康増進法の運用を強化し、同法に基づく行政処分に初めて踏み切る。


健康食品の広告には誇大と思われる文言がある場合があります。

これらの誇大広告は健康増進法に違反する場合があります。

消費者庁は今年6月以降、表現が不適切なネット広告を出している業者約300社に改善を求めてきました。

そして、12月になっても改善されない場合は、勧告を行った上で業者名を公表する方針ということです。

健康増進法に違反する広告の表示例は以下の通り。

▼明らかに違反(カッコ内は理由)

・「がんに効くと言われています」
(治療が必要な疾患が治ると誤解を与える)

・「最高のダイエット食品」
(「最高」とは立証できない)

・「厚生労働省から輸入許可を受けた健康食品です」
(実在しない制度や許可をかたっている)

▼以下のような広告でも根拠が薄い場合、表現方法が不適切な場合は違反

・「3カ月で10キロやせると実証済み」などの実験結果を示す

・「『飲むと体調が良くなりました』(東京・男性55歳)」など体験談を示す

・「『がんを○○食品が治した!』(△×出版)に掲載された食品です」などと関連書籍を引用する


今まで野放し放題だった健康食品関連の広告にメスが入ることになります。

健康食品の効果を信じて、医療機関を受診せず、適切な医療が受けられなくなるといったことをなくすことが目的の1つです。

よくわかる改正薬事法 第3版
よくわかる改正薬事法 第3版





Yahoo!ニュース:<誇大広告>健康食品、業者名公表へ 消費者庁が方針

健康生活 寿命をのばす食事
寿命をのばす食事、運動、ダイエットなどの健康管理情報

ダイエットに失敗する理由
ダイエットに失敗する理由、どうしても痩せられない原因を解明・解決!

楽天レンタル体験談!DVDのオンラインレンタルを使う主婦の映画で節約!
「楽天レンタル」を使った体験談サイト