成功する営業活動 営業相談所 - 2012/08/31

営業で顧客の心をがっちりとつかまえる方法とは?




[PR]



2012年08月31日(Fri)▲ページの先頭へ
クレジットカードのキャッシング枠の支払いは1ヶ月以内の遅れなら解約にならない
自営業者の場合、手元に使えるお金をある程度は残しておきたいという気持ちがある人が多いと思います。

サラリーマンのようにしっかりと決められた期日に入金されないことも多々あるので。

そこで、ちょっとした裏技というか、実際にやっている人から聞いた話なのですが、資金繰りが苦しい時に、クレジットカードのキャッシング枠を事業の運転資金として使う方法があるそうです。

「そんなこと、みんなやっているよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ここからが裏技的なのです。

たいていのクレジットカードは支払いの遅れが1ヶ月以内なら、解約になりません。(カードによって違うので自分のカードの詳細を事前に調べておきましょう。)

そこで、クレジットカードのキャッシング枠で借りたお金を返済日に返済するのではなく、その1ヶ月後くらいに返済するのです。

こうすることによって、現金をできるだけ自分の手元に置いておけるのです。

もちろん、クレジットカード会社からは督促の電話がかかってきたり、手紙が届いたりしますが、なにせ1ヶ月までの遅れなら解約になりませんし、なんだかんだいってちゃんと返済しているので、これといった問題は起こりません。

ただし、信用情報で支払遅延常習犯として記録されてしまうかもしれませんが、意外とやっている事業者はやっているみたいです・・・。